新着情報

さいとう伸一メールマガジン

 Vol.250 2018.11.20

■災害時に液体ミルクの活用を!■

 皆さまの声をカタチにすべく、10月に行われた決算特別委員会で林市長に対し、災害時に液体ミルクを活用できるよう提案しました。

 乳幼児用の液体ミルクは、今後販売・製造が解禁され、育児負担の軽減や災害時の活用が期待されております。
 液体ミルクは常温で保存でき、容器に吸い口を装着すればすぐに飲めるので、水を確保できず哺乳瓶の消毒もできないような災害時には、非常に有効であることから、災害時に液体ミルクを活用できるように備蓄すべきと提案しました。
 副市長は、今後の国内での流通の状況、保護者の理解の状況などを踏まえ、液体ミルクの活用を検討していく旨、答弁しました。

 皆さまの声をカタチに! これからも邁進してまいります!!